とんでもないニュースが飛び込んできました。

 

米国において、ニンテンドースイッチが流通業者によって盗難被害に遭っていたようです。

 

スポンサーリンク

動画サイトで本体のセットアップ映像が流出

『出典・ニンテンドースイッチ公式サイト

 

ニンテンドースイッチ本体の発売は3月3日なので、セットアップ情報などを一般ユーザーが知るはずもありません。

 

ところが今週、本体の開封からセットアップ情報まで、事細かに紹介している動画がアップされました。

 

偽物にしてはあまりに手が込んでおり、「これは本物ではないか?」と話題に挙がっていました。

 

しかし、この本体は米国で発売予定だったニンテンドースイッチの盗品であったようです。

 

盗難事件の結末

盗難に加担していたのは、あろうことか流通業者の従業員だったようです。

 

関与した容疑者は特定され、法的な処罰を受けたようです。

 

盗品と知ってか知らずか入手したユーザーがどうなったかは不明ですが、ただでは済まないかもしれません。

 

発売日前に転売された時点でおかしいと思うべきなので、身の潔白を証明することは難しいでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

ニンテンドースイッチの期待度が高まっており、それが引き金となって起こった事件といえるでしょう。

 

たとえ、発売前に本体が入手できる話があっても、絶対に手を出してはいけません。

 

そんな危険な道を進む必要もなく、発売は1ヵ月を切っています。

 

その日を指折り数えながら待つことも、楽しみの1つといえるでしょう。

 

ニンテンドースイッチ本体は、3月3日に発売予定です。

 

一緒に読まれている記事

ドンキーコングがニンテンドースイッチに対応する新作を考えると今から楽しみ

1-2-SWITCHはチームマッチで20人プレイが可能!大泉洋も体験

スポンサーリンク