ニンテンドースイッチの本体機能には、さまざま予想や憶測が飛び交っています。

 

その中で、タッチパネルについてのリーク情報が存在します。

 

この情報が正しければ、Wii Uより優れたゲームライフを送ることができるでしょう。

 

スポンサーリンク

Wii Uまでのタッチパネル

『出典・任天堂公式サイト

 

すでに生産が終了してしまった現在のゲーム機Wii Uでは、タッチパネルに感圧式タッチスクリーンが導入されていました。

 

感圧式タッチスクリーンとは、その名のとおり画面を押すことで反応するタッチパネルです。

 

押すことには優れたタッチパネルですが、スマホのようにフリックなどの繊細な指の動きには対応できないというデメリットがあります。

 

メリットとしては、画面を押すことで反応するので、通常のボールペンでも押せますし、手袋をはめていても反応します。

 

ただし、Wii Uはゲームパットですので、やはり押すだけの要素だとゲームとしては機能せず、ソフトのコントローラとして使うことがメインでした。

 

ニンテンドースイッチのタッチパネル

『出典・ニンテンドースイッチ特設サイト

 

噂ではありますが、ニンテンドースイッチのタッチパネルは静電式10点マルチタッチスクリーンを採用するようです。

 

マルチタッチスクリーンとは、スマホと同じ感度を意味します。

 

これにより、ニンテンドースイッチは操作性に優れたタッチパネル画面になりそうです。

 

ただし、今までのWii Uタッチペンでは反応しませんので注意しましょう。

 

スマホアプリがプレイ可能?

マルチタッチスクリーンの導入により、Wii Uと大きく差別化することができます。

 

それは、ゲーム機本体だけでアプリを楽しむことができるようになります。

 

スマホのようなゲームアプリを、ニンテンドースイッチではプレイできるのです。

 

もしかすると、スマホの人気タイトルがニンテンドースイッチに対応してくるかもしれません。

 

3DSソフトでも発売したパズドラは、間違いなく対応してくるでしょう。

 

パズドラの制作会社『GungHo』がニンテンドースイッチのパートナー企業として入っているので、ほぼ確定かもしれません。

 

スポンサーリンク

ドッグにセットすると非対応

『出典・ニンテンドースイッチ特設サイト

 

画像のように、ドックにゲーム本体をセットすることで、テレビ画面でもプレイできるようになります。

 

この状態だと、どう頑張ってもタッチパネルを触ることは不可能です。

 

つまり、タッチパネル機能が使えるのは携帯ゲーム機状態のみ、という予測ができます。

 

まとめ

近年、任天堂さんはアプリゲームにも参入してきましたが、どうやらこれを見越しての戦略だったようです。

 

『スーパーマリオラン』も、ニンテンドースイッチで遊べるかもしれません。

 

その他にも、スマホの人気タイトルはたくさんあります。

 

内容は、ニンテンドースイッチのプレゼンテーションで明らかとなるでしょう。

 

一緒に読まれている記事

『スターフォックスゼロ』ニンテンドースイッチに移植か?

モンスターハンターダブルクロスもニンテンドースイッチに対応が濃厚か?3DSから引き継げる?

スポンサーリンク