ドラゴンクエストやファイナルファンタジーでお馴染みのスクエアエニックスさん。

 

やはり大手らしく、ニンテンドースイッチに完全新作のタイトルをぶつけてきました。

 

その名も『オクトパストラベラー』です。

 

スポンサーリンク

オクトパストラベラーとは?

『出典・オクトパストラベラー公式サイト

 

スクエニさんの完全新作ゲームソフトとなります。

 

映像を見る限り、ロールプレイングゲームの意味を追求した作品といえるでしょう。

 

役割を演じることがRPGの目的であり、その主人公を動かすのはプレイヤーです。

 

主人公をどの町へ行かせ、どのダンジョンに潜らせるのか、すべて決めていきます。

 

村人の会話の中で選択肢があるものなら、善人のようなコメントでも悪人のようなコメントでも選ぶことができます。

 

主人公をどう演じさせるかも、プレイヤー次第なのです。

 

ムービーの中で語られていることが本当なら、『オクトパストラベラー』で起こる出来事すべてをプレイヤーが自由に決めることができるRPGのようです。

 

RPGを極めたスクエニさんだからこそ、挑戦することができた内容かもしれません。

 

ニンテンドースイッチでドット風を採用

『出典・オクトパストラベラー紹介サイト

 

驚いたのは、ニンテンドースイッチでドット絵タッチのキャラクターを採用している点です。

 

ニンテンドースイッチは次世代ゲーム機に相応しいハイスペックを内蔵していますので、大手ソフトメーカーは解像度を最大限に活かした作品を開発しています。

 

しかし、『オクトパストラベラー』はあえて昔ながらのFFやロマサガのような世界観で勝負しているのが分かります。

 

これにより、ファミコン時代からスクエニゲーム(当時は合併していないので、厳密にはスクエアとエニックス)をプレイしてきたファン層のウケが良い作品となっているようです。

 

課題があるとすれば、若い世代からの支持を集めることができるか?ということかもしれません。

 

また、ジョイコンのHD振動やモーションIRカメラがゲームと連動しているかは、今のところは不明です。

 

ニンテンドースイッチの良さをうまく取り入れたゲーム内容になっていれば、なお良しでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

ニンテンドースイッチは、テレビモードから携帯モードに変更されると解像度が下がります。

 

しかし、『オクトパストラベラー』はグラフィックの解像度を追求した作品ではないので、携帯モードに移行してもほぼ見分けがつかない可能性があります。

 

その利点を活かせれば、バッテリーの持ちも良いソフトといえるのではないでしょうか?

 

オンライン有料化でざわついているニンテンドースイッチですが、こちらも『オクトパストラベラー』ではオフラインの可能性もありそうなので、その辺は安心かもしれません。

 

スクエニさんの最新作タイトル『オクトパストラベラー』の続報に期待ですね。

 

一緒に読まれている記事

【おはスタ】ARMSをさーちゃんが体験!カゲヤマをボコボコにするニンテンドースイッチ体験会レポート

【スプラトゥーン2】マニューバーやスペシャルウェポンがカオス過ぎる!発売日は夏

スポンサーリンク