任天堂が極秘に開発していたNXが、ついに『ニンテンドースイッチ』であることが判明しました。

 

公開された映像をもとに、現在紹介されている『ニンテンドースイッチ』の本体機能を紹介します。

 

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチの本体とドック

『出典・ニンテンドースイッチ特設サイト

こちらがニンテンドースイッチの本体となります。

 

WiiUでは白をメインカラーとしていましたが、ニンテンドースイッチは黒い本体がメインカラーとなるようです。

 

スタイリッシュな作りからも分かるように、未成年よりも成人層のユーザーをターゲットとしたゲーム機のようです。

 

そして、これ全体がニンテンドースイッチではなく、『Console』と書かれたものが本体となります。

 

 

この画像が、ドックから抜き取った本体となります。

 

両手に持てる大きさなので、ドックの横幅もなんとなくイメージできたと思います。

 

そのドックの役割は、テレビにゲーム画面を映し出すことです▼

 

 

ドックに本体を差し込むことで、本体の映像が自動的にテレビ画面に移動します。

 

逆に、ドックから本体を抜き取った瞬間に、映像が本体の液晶画面に映ります。

 

つまり、ドックに差し込めば据え置きゲームとして、本体を抜き取れば携帯ゲーム機として機能するのです。

 

まさに、ハイブリットゲーム機と噂されていた通りの性能と言えるでしょう。

 

ジョイコンは本体から取り外すことが可能

据え置きゲームは、コントローラなしでは動きません。

 

もちろん、ニンテンドースイッチにもコントローラーは存在します。

 

しかし、外に持ち運ぶには大きすぎます。

 

それらの悩みを解決するのが、本体から取り外し可能のジョイコンです。

 

 

 

本体についていたボタン(ジョイコン)は、このように専用のジョイコンブリップに差し込むことができます。

 

こうすることで、画面とコントローラーを分離することができます。

 

本体とコントローラーが一体化しているのが携帯ゲーム機の常識でしたが、ニンテンドースイッチはそれを見事に打ち破りました。

 

 

そのおかげで、携帯ゲーム機でありながら、2人以上でゲームをプレイすることも可能となったのです。

 

外出先でも、据え置きゲームを満喫することが可能となりました。

 

ゲームソフトによっては、画像のように片方のジョイコンだけでプレイできるようです。

 

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチの動画

 

まだの方も、1度見た方も、ぜひ何度も見ておきたい公式のムービーです。

 

発売までの間、ニンテンドースイッチを知ることができる唯一の映像となります。

 

また、ニンテンドースイッチで発売されるであろうゲームソフトも公開されています。

 

ゼルダの伝説、マリオ3D、マリオカート、スプラトゥーン、スカイリム、バスケのNBA 2Kシリーズなどのプレイ映像も見られます。

 

まとめ

ニンテンドースイッチは、今までのゲーム機の常識を越えた据え置きゲーム機となります。

 

そのおかげで、ゲームユーザーは据え置きゲーム機と携帯ゲーム機を一緒に買う必要がなくなったのです。

 

そして、これはゲームクリエイターたちにもインスピレーションを広げる存在となりました。

 

以前までは、据え置きゲーム機の強み、携帯ゲーム機の強みを意識しながらゲームを開発していましたが、もうそんなしがらみは不要なのです。

 

面白いゲームを作る、ただそれだけで良いです。

 

ゲームユーザーにとっても、ゲームクリエイターにとっても、ニンテンドースイッチは歓迎されるべき存在であることが、公開されたコンテンツを見るだけで感じることができます。

 

スポンサーリンク